吹き出物 鼻

鼻の下にできた吹き出物とは?

吹き出物,鼻

 

鼻の下は、よく汗をかく場所ですよね?
そんな場所ですから、皮脂腺が多く存在しています。
要するに、吹き出物が発生しやすい場所といえるのです。
原因となるのは、ホルモンバランスの乱れが影響しています。
男性であれば、ヒゲの生える場所ですから、男性ホルモンの影響を非常に受ける部位といえます。
元々が吹き出物のできやすい所なので、アクネ菌の増殖は吹き出物の悪化を招いてしまいがち。
とにかく、ホルモンバランスを崩さない生活習慣が大切です。
汗をかくとお肌は乾燥しやすくなりますから、スキンケアでは保湿をしっかりと行いましょう。
汗で流れてしまうからと、スキンケアを適当にしてしまうと、お肌はどんどん硬くなってしまいます。
鼻の下は柔らかい場所なので硬くなるイメージはないでしょうが、内側が乾燥して硬くなっていくので、吹き出物ができやすい場所という認識を忘れずに!

 

鼻にできた吹き出物が治らない

吹き出物,鼻

 

鼻の頭にできた吹き出物は、とても恥ずかしく目立ちますね。
皮脂も多く分泌するので、吹き出物を気にしている人は、普段の洗顔でついついゴシゴシ洗ってしまっていませんか?
でも、それは逆効果になってしまいます。
吹き出物ができた鼻は、ゴシゴシすればするほど皮脂分泌が過剰になっていきます。
吹き出物には、このような洗顔は治すどころか悪化させさせてしまう可能性も。
合わせて、鼻は顔のパーツでも一番高いところにあるので、普段から紫外線の刺激を受けやすくなっています。
どうしても紫外線の影響を受けていると、お肌は硬くなりがち。そんな場所だからこそ、丁寧なスキンケアが必要となりますが、なかなか正しいお手入れができず、吹き出物ができてしまうのです。
そして、鼻の吹き出物はついつい触ってしまう場所だからというのも、治らない原因です。
無意識に鼻を触ってしまうクセのある人は、意識して触るのを直ちにやめましょう。
手には多くの汚れや雑菌がついています。簡単なことばかりなので、ひとつずつ試していってみてくださいね。

 

鼻にできた吹き出物のケア方法

吹き出物,鼻

 

鼻にできた吹き出物のケアには、「むやみに触らない」というのが、一番効果があります。
メイクもできるだけ薄く、可能ならばファンデーションも塗らないというのが理想です。スキンケアにおいては、紫外線を浴びてお肌が硬くなっているので、コットンパックがオススメ。
化粧水をつけるとき、コットンにたっぷりと染み込ませ、鼻に密着させましょう。
小鼻までしっかりと覆い、鼻全体を包みこんであげてください。十分な保湿をすると、お肌のターンオーバーが促されますから、吹き出物のお肌が生まれ変わるのを助けてくれます。
鼻は凹凸があり、お手入れするのはとても困難な場所ですが、それを適当にしていると、吹き出物ができてしまいます。
日頃からの丁寧なスキンケアは、できている吹き出物や、その予防策としても有効となるので、優しくしっかりと潤してあげましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 吹き出物,鼻

関連ページ

吹き出物が増える理由と対策法とは?
吹き出物が増えたら、どうしてなのか理由を知りたいですよね? どんなことに気をつけて生活をすればいいのか。 増えたときの対策はどうしたらいいのか。 吹き出物が増える理由を知って、気をつければいい対策を考えていきましょう。
男性にできる吹き出物の原因とは?
吹き出物の原因とは、どんなことなのでしょうか? 男性に、吹き出物が多くみられるのは?あちこちできる吹き出物は、どうしてできてしまうのか? 原因を知って、吹き出物の対策をとるためにも詳しくご紹介していきます。
あごにできる吹き出物はどの様に治せばいいのでしょうか?
できるワケを知ると、治し方もわかってきます。 あごの吹き出物に薬やサプリメントは効果があるのか?治し方と合わせてご紹介していきます。
吹き出物ができると目触りで、潰したくなりますよね?
でも、その吹き出物、本当に潰して大丈夫なのでしょうか? 吹き出物を潰すと、どうなってしまうのか、どんなことに気を付けたら良いのかご紹介していきます。
なんだか最近おでこに吹き出物が・・・。
そう思ったあなたは、もしや30代?吹き出物がおでこにできやすい原因には、年代が関わっている可能性が!? その原因や治し方についてご紹介してきます。
吹き出物にオロナインは効果ある?塗り方と正しい使用法をご紹介
常備薬としてオロナインを持っている人は、多いはず。 そんなオロナインは、様々な皮膚疾患に効能が!では、吹き出物にはどのような効果があるのでしょうか? オロナインの塗り方のポイントから、その効果まで詳しくご紹介していきます。
吹き出物とニキビの違いって知ってますか?
吹き出物と聞くと、ニキビのことでしょ?と思う人も多いはず。 そもそも何がどの様に違うのかハッキリと答えられる人は少ないのではないでしょうか?果たしてその違いは呼び方だけなのか、詳しくご紹介していきます。
吹き出物の跡を残さないようにする方法とは?
吹き出物の跡が残ってしまうとショックですね。 痛みなどが引いても、跡が残ってしまっては見栄えが悪くなりますし、気分も落ち込みます。 そんな吹き出物の跡には、どのように対応していったら良いのでしょうか? 吹き出物跡の種類や、治療法などについてご紹介していきます。