大人ニキビ 20代

20代…実は、肌質がわかりやすい「お肌の曲がり角」世代?!

大人ニキビ,20代

 

10代の頃に続き、まだまだ皮脂が分泌しやすい時期の20代。
お肌はピチピチしていて弾力があり、20代だからまだまだ必死にならなくても大丈夫、なんてスキンケアを適当に考えている人も多いのでは?
ニキビに悩む人は「大人ニキビ」なのか「思春期ニキビ」なのか判断もつきにくいので、自分の肌質に悩む時期でもあるでしょう。

 

20代は、メイク、就職や結婚、出産など生活環境の変化も重なり肌のコンディションが乱れやすい時期です。
様々な要因が重なり、ホルモンバランスも乱れやすいので、大人ニキビができやすくなってしまいますね。

 

生活習慣の乱れは、お肌の状態も乱れてトラブルが起こりやすくなります。
お肌の状態にも気を配り、トラブルに負けない若々しい肌質をキープしていきましょう。

20代の肌状態、10代の違いについて

 

10代の頃と比べると、見た目の変化はあまりないとしても、実はホルモンの減少が始まったり、水分と油分のコンディションが乱れたりと、肌の内側は静かに衰えを始めています。
お肌の曲がり角といわれる25歳を境に、20代のお肌はどんどん変化していきます。
それは、体の中の変化がお肌に影響を与えているためといえます。

 

10代の頃にはなかった社会人生活は、非常にストレスをかかえる生活です。
そういったホルモンバランスを乱す生活習慣が重なると、ターンオーバーの周期が遅くなっていくのです。
正常なサイクルが28日と言われていますから、それが遅れると古い角質が残り毛穴を塞ぐ原因となっていきます。
これが大人ニキビに繋がってしまいます。

 

お肌に負担がかかるメイクも、直接的に大人ニキビへの刺激となるので、体の内側と外側からのストレスに負けない肌作りをしていきたいものですね。

30代に向けて、覚えておきたいお手入れのポイント

 

20代の肌の状態は、水分と油分のバランスを考えるのがとても難しい年代です。
10代の頃にできた思春期ニキビのように、アブラを落とすスキンケアだけをしていればよかったのと違い、20代はお肌と相談しながら水分や油分を丁度良く調整してあげなければなりません。
お肌も曲がり角を過ぎてくると、あれよあれよという間に30代になってしまいます。

 

30代に向けて準備したい大人ニキビ対策のお手入れポイントは、20代と基本的にはあまり変わりませんが、大人ニキビ対策には、それまでの保湿をより強化することが大切といえます。
お肌の奥まで浸透する成分配合の化粧水を使うことはもちろん、それまでの基礎化粧品を一度見直してみるのも大切なポイントでしょう。
体の内側の状態が変われば、お肌の状態に適した化粧品も変わってきます。
今までのもので本当に保湿が足りているのか、考え直してみるといい機会になるのではないでしょうか。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 大人ニキビ,20代

関連ページ

大人ニキビについて〜30代は保湿成分を意識したケアを!
大人ニキビのケアでは、とにかく保湿と、何度でもお伝えしたいくらいですが・・・。 30代のお手入れになると、大人ニキビのケアとしてだけでなく、保湿が最重要ポイントとなります。 30代に起こりがちな様々な変化と、お手入れのポイントについてご紹介していきます。
大人ニキビについて〜40代は女性ホルモンのサポートを!
女性ホルモンの減少により、体の変化が大きい40代。 大人ニキビは、こうしたホルモンの影響をとても受けます。 40代の肌は、体の機能が低下する分、お肌のコンディションも低下するもの。 更年期を迎える40代だから、大人ニキビのケアにもより一層の気配りをしてあげましょう。
大人ニキビについて〜50代はアンチエイジングと同時進行!
身体のバランスが崩れがちな50代。 大人ニキビにならないためには、身体の内側のケアも一緒にしてあげなければなりません。 お肌の状態を、「よし!」と毎日鏡で見られるようにするため、50代ではアンチエイジングをしっかりしていきましょう。