3−0−エチルアスコルビン酸 大人ニキビ

3−0−エチルアスコルビン酸は別名「ビタミンCエチル」

3−0−エチルアスコルビン酸,大人ニキビ

 

3−0−エチルアスコルビン酸は、別名「ビタミンCエチル」と呼ばれるビタミンC誘導体のひとつ。
酵素による加水分解などが必要なく、そのままの形でビタミンCとしての効果を発揮します。
体内に入るとすぐにビタミンCに変わるほどの即効性と浸透力、体内に72時間もとどまる持続力が特徴で、大変優秀なビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体はいくつかありますが、3−0−エチルアスコルビン酸のような様々な特色を兼ね備えている成分は貴重です。
大人ニキビケアに欠かせない注目成分といわれるのも、わかりますよね。
3−0−エチルアスコルビン酸というと、難しく聞こえる名前ですが、大人ニキビなどのスキンケアにはとても身近で、重要な役目をしている成分ということがわかりますね。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCとドコが違うの?

 

化学の分野で、アスコルビン酸と呼ばれているビタミンC。
お肌にいい成分と言われているので、スキンケアに取り入れている人は非常に多いのでは?
しかし、浸透性に欠けるためその効果を十分に発揮できないのです。
スキンケアにおいて、お肌に浸透しないというのは、無意味に匹敵します。
そこで、浸透しやすいように改良されたものが、ビタミンC誘導体というわけです。
いくらいい成分でも、お肌に浸透しなければ、大人ニキビのケアはできませんからね。
ビタミンC誘導体である3−0−エチルアスコルビン酸は、しっかりとお肌に浸透してビタミンCの役目を果たすのです。
お手入れをするのに適しているのは、ビタミンCの効果を持ち、お肌に入ってくれるビタミンC誘導体ということになります。

ニキビケアだけでなく、ニキビ跡やニキビ予防にも有効!

 

美白や代謝にも役立つと言われる、3−0−エチルアスコルビン酸。ニキビ跡のケアやニキビ予防にも有効です。
大人ニキビによってお肌が傷つくと、色素沈着などニキビ跡になってしまうことがあります。
3−0−エチルアスコルビン酸を使うと、ターンオーバーの周期が改善され、メラニン色素が排出されやすくなります。
メラニン色素というと紫外線をイメージするかもしれませんが、ニキビ跡も紫外線でのダメージと仕組みは同じことです。
こうした色素沈着を、代謝が上がることで正常な周期にし、お肌は綺麗になっていきます。
ターンオーバーの正常化は、出来てしまったニキビ跡だけでなく、ニキビの予防にまで効果を発揮するのです。
これだけ優秀なビタミンC誘導体ですから、是非この成分が配合された当サイトの商品をご利用になってみてくださいね。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 3−0−エチルアスコルビン酸,大人ニキビ

関連ページ

グリチルリチン酸2Kが大人ニキビケアに人気の成分
デリケートな大人ニキビのお肌に、グリチルリチン酸2Kがいいとのこと。 どんな成分で、どんなところが人気の秘密なのでしょうか? グリチルリチン酸2Kがもたらす、大人ニキビへの働きかけやその実態について、ご紹介していきます。
水溶性プラセンタエキスは大人ニキビケアに有効?
様々な効果が期待できる水溶性プラセンタエキス。 大人ニキビのような肌トラブルにも、しっかりと効果を実感できるようです。 栄養の宝庫プラセンタの持つ、優れたその正体についてご紹介していきます。
自然由来成分の「ビサボロール」は大人ニキビにいいの?
「ビサボロール」という自然由来成分をご存知でしょうか? カミツレ(カモミール)が原料というとわかりやすいですね。 ビサボロールは、大人ニキビにどのように働きかけるのか、ご紹介していきます。