大人ニキビ ピーナッツ

ピーナッツを食べると大人ニキビができやすい理由

大人ニキビ,ピーナッツ

 

医学的に「ピーナッツを食べると大人ニキビができる」とはいえないものの、脂質の高いピーナッツを食べることで、皮脂の過剰分泌や毛穴詰まりを招くのは言うまでもありません。
そうすると、必然的に大人ニキビができやすい環境になってしまいます。

 

ピーナッツを食べると大人ニキビができやすいというよりも、食べ過ぎることで大人ニキビができやすくなるという方が正しいでしょう。
ピーナッツを含むナッツ類は、本来美肌に有効とされる成分が含まれている食品です。
ですから、ピーナッツを食べ過ぎなければ、大人ニキビにも影響はないはずなのです。

 

大人ニキビのできる原因となっていると思われているピーナッツは、だいたいが市販のもので、調理されている場合が多いでしょう。
そうしたピーナッツは、調味料を使用しているため、余分な油などにより大人ニキビに影響を与えている可能性は高いです。

ピーナッツ以外にも、大人ニキビが悪化する食べ物が?!

 

大人ニキビが悪化するのは、ピーナッツだけでなく脂質の高い食べ物(揚げ物、スナック菓子、チョコ)は、どれも同じことが当てはまります。
特に、ピーナッツならバターやフライなど、加工されてより脂質が高いものは避けるようにしましょう。

 

例に挙げた食べ物は、どれも脂質が高く、大人ニキビに影響を与えそうな印象ですよね?スナック菓子を含め、揚げ物類はアブラを使用しています。
時間が経った油は酸化していきますから、そうした過酸化脂質は、大人ニキビを悪化させるだけでなく、身体自体によくありません。
身体によくないものが、大人ニキビにいいはずがありませんよね?

 

加工されて糖質が加わったものはもちろん、脂質の多いピーナッツは、どうしても大人ニキビに影響与えてしまいます。
過剰な皮脂分泌を避けるためにも、食べ物の脂質には注意が必要といえます。

我慢をするのではなく、選び方やお手入れ方法も見直しを

 

我慢をするのは、どんなことでも辛いものですよね?
食べたい物を食べ、好きなことをして過ごせるのは、この上ない幸せでしょう。

 

ピーナッツを食べたいときも、大人ニキビが悪化するかもしれないと我慢するのは、ストレスが溜まります。
大人ニキビのことを一番に考えると、ピーナッツなど脂質の多い食べ物は避けるべきですが、どうしても食べたいなら、量を決めて食べるのも、大人ニキビを悪化させない解決策のひとつでしょう。

 

食べるときには、油や調味料を使用して加工されているものは避け、素のままのピーナッツがオススメです。
渋皮をつけたまま食べると、がん予防の働きがあるレスべトロールという物質が含まれているため、良い効果をもたらすでしょう。
ピーナッツを食べすぎると大人ニキビができやすいということを忘れず、日頃のスキンケア用品で、皮脂分泌や毛穴詰まりを防ぐお手入れも大切です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 大人ニキビ,ピーナッツ

関連ページ

大人ニキビにチョコレートは良くないって嘘?本当?
大人ニキビとチョコレートの関係は、とても密接なイメージですよね? 食べ過ぎると、必ずニキビがポツン・・・なんていう人も少なくないのでは? ということは、やはり大人ニキビには、チョコレートは良くないのでしょうか。 チョコレートとのお付き合いについて、ご紹介していきます。
大人ニキビに困っているならアルコールを控えるべき?
酒は百薬の長という言葉がありますね。 これだけ聞くと、アルコールが悪いなんて思いたくないですが、大人ニキビには影響があるようです。 アルコールをうまくつき合って、大人ニキビを悪化させないようにしましょう。
大人ニキビは辛いものや刺激物で悪化することがある?
辛いものや刺激物は、人によって感じ方が違いますね。 少しの辛さでも辛いと感じる人と、激辛でもおいしいと感じる人では、大人ニキビへの影響も違います。 刺激物は、一般的に体に何らかの影響を与えるものですが、大人ニキビの人が食べるとどうなるのでしょうか。
甘いものや糖類の摂取は大人ニキビに良い?悪い?
疲れたときに欲しくなる「甘いもの」ですが、大人ニキビには影響となる存在です。 脳にダイレクトな栄養となる糖類は、生きていくには必要なものですが、大人ニキビが悪化する可能性、しない理由について詳しくご紹介していきます。