肌荒れ ビタミン

お馴染みのビタミンC!どの様に取り入れて肌荒れを改善?

肌荒れ,ビタミン

 

美容に欠かせないビタミン。中でもビタミンCはお馴染みの成分ですよね?
そんなビタミンCがとれる食べ物は、身近にたくさんあります。ピーマン、アセロラ、パセリ、ブロッコリー、そしてよく知られているレモンやイチゴなどです。
ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進し、色素沈着の原因をとりのぞいてくれる役割をするので、肌荒れに効果があります。
ストレスによっても失われるビタミンCですし、非常に手軽に手に入る食材ばかりなので、是非毎日の食事に取り入れてみてください。
ただし、熱に弱いという弱点がありますから、調理の際にはなるべく生で食すことをオススメします。
そして、一度にたくさんとると体外に排出されてしまうので、こまめにとるのがポイントとなります。
食事ごとに野菜や果物を取り入れると、こまめにビタミンをとれるので、肌荒れ解決には簡単な方法となるでしょう。

肌荒れに効く!ビタミンB群がとれる食べ物は?

 

ビタミンB群は、皮脂分泌を抑える働きがあります。
肌荒れには乾燥してカサカサするタイプもあるので、皮脂分泌を抑える働きが一概にいいとは言い切れませんが、皮脂分泌が過剰なために引き起こる肌荒れにはとても有効となります。
小腸から吸収されて、体中の細胞にエネルギーを届けるために働くビタミンB群。
豚、牛、鶏のレバーや、わかめ、しじみ、うなぎ、納豆などから摂取できます。
どの食材も精のつく食べ物といったイメージでしょうか。
レバーは下ごしらえが面倒という先入観もありますが、貧血の防止にもなりますので、女性には必要な成分でしょう。
また、ビタミンB群はダイエットにも有効な栄養素なので、肌荒れだけでなく代謝もよくなり一石二鳥という結果も期待できますよ。

カサつく肌荒れにはビタミンA!でも、注意しなければいけない?

 

肌荒れの中でも、乾燥によるカサつきや痒みを伴う症状はとても不快ですよね?
皮脂分泌を抑えたりするのと違い、プラスしたケアが必要となってくるタイプの肌荒れなので、長期間悩んでいる方も多いでしょう。
この肌荒れには、ビタミンAが効果を発揮します。ビタミンAはターンオーバーを正常化する働きがあるので、新しいお肌に生まれ変わるのを手伝ってくれます。
このビタミンAは、しそ、人参、かぼちゃ、ほうれん草などに含まれ緑黄色野菜からその多くは摂取することが可能となります。
健康維持にも緑黄色野菜は推奨されていますから、食事に取り入れると手軽でしょう。
しかし、ビタミンAは過剰に摂取すると、様々な症状が出るため注意が必要です。
脂溶性ビタミンなので、脂質とともに小腸に吸収されるのですが、一定量は肝臓に貯蔵されるため、過剰にとりすぎると吐き気や頭痛といった健康被害を起こします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 肌荒れ,ビタミン

関連ページ

肌荒れの改善方法とは?
肌荒れしてしまうとテンションが下がってしまいますよね?改善して、気分良く過ごすためにどんなケアをしていったら良いのでしょうか?肌荒れ改善をするための方法をご紹介していきます。
サプリメントで肌荒れを何とかしたい!
どんな成分をとれば肌荒れは良くなるの? 肌荒れに必要な栄養素と、サプリメントの役割についてご紹介していきます。
すぐに肌荒れを治すには、何をすればいい?
一時しのぎの対策はあるものの、治すための方法としては時間が必要です。 どんな事に気をつけてケアしていけばいいのか、ご紹介していきます。
肌荒れができる原因は人それぞれ。
部位によっては、内蔵からのシグナルだったりもします。 あごや頬にできる肌荒れは、どんな原因によるものなのか、またどんな対策をとればいいのかご紹介していきます。
肌荒れは皮膚科へ行けば治るのでしょうか?
皮膚科で処方してもらえる薬は、肌荒れの種類によって違ってきます。 どんな症状にどんな薬が処方されるのかご紹介していきます。
肌荒れに役立つ化粧水!
どんなものを使えば肌荒れは良くなるのでしょうか? 口コミや無添加は本当に信じてもいいのか、化粧水選びについて詳しくご紹介していきます。
芸能人は顔がいのち?
今や肌荒れはしっかりとテレビで放送されてしまいます。 キレイに映りたいのに、肌荒れに悩む男性芸能人や女性芸能人について、その原因をご紹介していきます。
肌荒れには漢方がいいの?
漢方でできる肌荒れ改善では、どのようなものがどのように効くのか・・肌荒れに効く漢方の種類について詳しくご紹介していきます。
肌荒れに赤みが・・・。
原因が多様な肌荒れでも、赤みを伴うものは乾燥が大いに関係している? そんな赤みはどうしてできるのか、どうやって治すのかご紹介していきます。